トステム・トーヨーサッシの鍵が引っかかって開けにくいという事での交換作業でのお伺いです。

お伺いして現場を拝見すると、古いタイプのサムラッチ錠が付いていました。

作業前

写真は内側を外してしまっていますが、レバーが付いています。

不具合の原因は経年での部品摩耗

このタイプの錠前で「外から扉を開ける時に引っかかる」という症状が出ている場合は、ほぼ経年でのパーツの摩耗が原因です。

外側の親指で下に下げるサムラッチを押し込んでも、錠ケースの三角形のラッチが奥まで収まりきらない為に、扉の枠側に引っかかるという、よく拝見する症状です。

※錠ケース側が壊れる場合もありますので、詳しくは見ないと分かりません。

錠前丸々一式で交換

外側の取っ手だけという部品での供給はありませんので、今回はキーシリンダー上下も含めた、錠前一式のセット品での交換になります。

交換工事完了

全部が新品になり喜んでいただけました。

補足

今回のお客様は、「元々古いし、部品無くなってからでは遅いだろうし、全部交換してください」とのご希望でしたが、私的にも正解だと思います。

この装飾錠というタイプも年々廃盤商品扱いになっていく部品も出てきています。

だましだまし頑張って我慢して、いざ交換しようと思っても、部品が無いと他の商品で代用しようとすると、なかなか同寸法の商品もありませんので、変に料金がかかってしまうと思います。

ご不明な場合は「お問い合わせ」ページから写真を送っていただければ判断できる場合もあります。