今回は、いつもご利用いただくお客様より、多数の人が利用しているドアノブが付いている扉を、扉を閉めれば自動で鍵がかかる自動施錠式への交換のご依頼です。

MIWA U9 HMD-1 というインテグラル錠(ドアノブ錠)から自動施錠式への切り替えとなりますと、数パターンありますが、お見積り提示の金額から、今回はMIWA U9 HKD-2A という自動施錠型の商品への交換です。

作業前

MIWA HMD-1というインテグラル錠が付いています。(フロント板部分に MIWA HM と刻印あり)

施錠方法は、外からはキー、内側からはサムターンという一般的な仕様です。

扉を自動施錠にしたい場合はドアクローザーもチェック

ご参考までですが、扉を自動施錠型にしたい場合は、ドアクローザーの動作確認や、扉の建付け確認も必要です。

錠前を自動施錠型へ折角切り替えたのに、ドアクローザーの動作不良で、扉から手を放しても自然に最後「パタン」と閉まるところまでいかないと、自動施錠式の意味が無くなってしまいますので、ドアクローザーの動作確認もします。

調整で済む場合もありますし、明らかにドアクローザー交換が必要な場合もあります。

今回の工事では、比較的古いドアクローザーが付いていましたが、動作的には問題ありませんでしたので、錠前の交換のみで完了しています。

交換作業中

交換前のMIWA U9 HMD-1 インテグラル錠はバックセット64ミリが付いています。

交換完了

MIWA U9 HKD-2Aへの交換工事も完了して、扉を閉めると自動で鍵がかかる自動施錠式へと変わりました。

外からはキーを使って開錠。

内側は常時空ノブなのでいつでも開錠可能です。

ストライク(受け口)も専用品を取り付けて完了です。

補足

セキュリティの面から、扉を常時施錠しておきたい場合も多いと思いますが、多数の人が使う場合には、手動で鍵を掛ける仕様だと、なかなかどうしても無理がある気がします。

今回は、MIWA HM からHKというドアノブへの交換でしたが、レバー式自動施錠型への交換など、いろいろな取付パターンがありますので、ご不明な場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

「お問い合わせ」ページから扉の写真を送っていただければ、概ね判断は出来ると思います。