自動ドアで鍵が折れてしまったという事でお伺いさせていただきました。

現場到着

この鍵穴にキーの先端が残っているとの事でした。

この自動ドアに付いている鍵はMIWA DGというタイプ

この自動ドアに付いている錠前は、MIWA DGという仕様で、シリンダー交換などの作業は、扉を外さないと出来ないというタイプになります。

鍵の交換の場合は、「自動ドアの鍵交換 MIWA DG」の記事をご参考にしてください。

特徴としては、表裏共に扉の表面とキーシリンダー部分がフラットになっています。

今回の鍵折れの作業も、もしかしたら扉を外さないと折れ鍵の取り出しが出来ないかもしれません。という説明をさせていただいてから作業を進めさせていただきました。

鍵が折れたら瞬間接着剤とかは絶対にダメ!

今回のお客様は、何もせずに直ぐご連絡をいただいたので、鍵抜きの道具を使っていたら、意外と素直に抜けてきてくれました。

※瞬間接着剤で付けて引っ張れば抜けるのでは?と頑張ってしまう方もいらっしゃいますが、瞬間接着剤だけは絶対におやめください。

鍵穴内の小さい部品同士を接着させてしまい、扉を外してキーシリンダーごと交換が必須となってしまうパターンになりかねません。

折れたキーを作り直し

折れたキーしか無かったとの事ですので、キーを作り直しします。

今回は折れたキーのデータを元に、キーマシンを使ってゼロから作り直しました。

作業完了

作成したキーを使って動作確認をして作業完了です。

補足

鍵折れの場合は、状況によってはどうしても自動ドアの脱着が必須になってしまうケースもあります。

ご不明の場合は、お気軽にご相談ください。

「お問い合わせ」ページから写真を送っていただくことも可能です。