いつものように、メーカーへ手配していたオートロック(共有部)と連動した玄関のキーシリンダーが入荷したので、鍵交換作業に伺わせていただきました。

今回は、MIWA製のPRというキータイプでマンション全体が「逆マスター組み」されていましたので、メーカーへこのマンション用にて手配をしていました。

このMIWA PRの場合のメーカー納期は、概ね通常時で約2~3週間です。

MIWA製のレバーハンドル錠でLAMAが使われています

いつもご依頼いただいている業者様のご協力により、この作業も事前に扉周りの詳細な写真をいただいており、その写真を元にメーカーへ部品を手配させていただいています。

納期がかかる部品の為、手配部品に間違いがあると困るので、写真だけでは部品の判断が付かない場合は現場へ現地調査に伺います。

交換作業中

交換工事が完了

キーの本数は、基本標準で3本付いてきますが、今回の物件はメーカーに「キー5本付き」で手配をしていましたので、総本数は5本となっています。

エントランスのオートロックにも対応しています

当然ですが、エントランスのオートロック(他共有部)にも対応しています。

オートック部分がタッチキーの場合はご相談ください。

オートロック連動でよくありそうな質問

オートロック連動でよくある質問
納期はどれくらいですか?
この記事のMIWA製のPRの場合は約2~3週間です。
GOALというメーカーの場合は、キーシリンダーの種類にもよりますが、概ね1か月前後です。
なかには納期が2ヶ月かかるメーカーもあります。
依頼したい場合は何が必要なのですか?
お客様からご提示いただく情報は以下です。
・マンションの正確な「マンション名」
・マンションの正確な「住所」 ※区画整理などで住居表示が変わった場合は、旧住所をいただけると尚良いです。
・現在お使いの純正キーに刻印されているキーナンバー

あとは、正確なキーシリンダー特定の為に、扉周りの写真などを「お問い合わせのページ」から送っていただくか、現地調査が必要となります。
うちのマンションのエントランスは鍵穴が無いタッチキー式です。対応出来ますか?
状況により対応できます。
メーカーから届いたタッチキーを、マンションに設置(主に管理人室内)の制御器に登録するケースや、メーカーから届いた時点でタッチキーで開けられるタイプなど、様々な種類があります。
制御器への登録に指定の鍵業者を設定しているマンションもあります。そういう場合は、直接指定業者へ連絡していただいた方が、お客様にとってスムーズな場合もあります。
キーの本数の指定は出来ますか?
出来ます。
注文するメーカーに、ゼロからそのマンション用の為にキーシリンダーを作成をお願いしますので、ご希望のキー本数は可能です。
しかし、標準で付いてくるキー本数から数を減らした場合、特に金額が安くなるという事はありません。
標準本数よりも増やしたい場合のみ、本数指定をするのが一般的です。
「後から増やすから標準の3本のままでいいや!」と考えられていらっしゃるならば、最初から本数を多めに手配した方が、割安にもなりますし、注文の手間も省けて良いかと思います。
オートロックの鍵穴含めてかなり古いタイプですが、オートロック連動は可能ですか?
メーカーで廃盤のタイプでのオートロック連動は不可です。
廃盤タイプをお使いの場合は、玄関のみの単独での鍵の交換となります。
下にある、MIWA製の場合の「廃止シリンダー一覧」PDFを参照してください。
※PDFの表の左側にある、「既存物件合わせ製作対応」という項目が、共有部含むマンションのオートロック部分に該当します。
※2020年11月時点での情報です。
MIWA 廃止シリンダー一覧
※画像をクリックするとPDFが開きます

補足

先にも書きましたが、メーカーへの手配品の為、部品を間違えるリスクを減らす為に、ある程度の情報が必要です。

「お問い合わせ」ページから写真を送っていただければ手配が可能な場合もありますし、写真だけの情報では不足なので現地調査をさせていただく場合も多いです。

詳しくはお問い合わせください。

主なお伺い可能エリアと出張費

横浜市内及び川崎市(高津区・中原区・宮前区・麻生区)はホームページに記載の料金に出張費も含まれています。

川崎市(川崎区・幸区・多摩区)及び、横浜を除く神奈川県内・東京都内などは、出張費が1,100円~5,500円ほど距離に応じて加算となります。

出張費のページ