ホームページをご覧いただいたお客様より、パナホームの玄関扉に付いている、古い電気錠が調子悪いので、普通の鍵仕様に替えたいという事でご依頼をいただきました。

作業前

今回は、上側の「№-5300E」と刻印のある錠前だけを交換します。

下の鍵穴部分は既存のままです。

調子が悪いという症状は、おそらく錠ケースの上側に電気錠と連動する出っ張りが出ますが、経年劣化で動きがおかしくなっている事が原因かと思われます。

同じ寸法の普通の鍵仕様の錠ケースに交換

錠前の寸法などは全て一緒の錠ケースへ交換します。

カギに関しても、今まで使っているものをそのまま使います。

交換が完了

これにて、外からは普通にカギで施錠/開錠をして、内側はサムターンで施錠/開錠をする、普通の鍵タイプに変わりました。

補足

現在付いている錠前の種類によっては、同じ様に出来ないパターンもあります。

「お問い合わせ」ページから写真を送っていただければ、お見積りできる場合もありますし、写真での判断が難しいという場合は、実際にお伺いしての現場調査となります。