シェアハウスの玄関扉を、暗証番号式のキーレックス4000 K433CLへ交換して欲しいとのご依頼です。

交換前

MIWA製のLAFというレバー錠が付いています。

枠側のストライク部分のプレートですが、キーレックスに切り替える際の交換用パーツとして「LAF切替用ストライク」というのが、メーカーさんの商品ラインナップになかったので、事前にいつもお願いするステンレス加工業者さんに寸法を提出して作ってもらいました。

K433CLは既設のキーシリンダーを非常用部分へ付ける事が出来ます

元々付いていた玄関のキーシリンダーですが、今回取り付けるキーレックス4000 K433CLという商品は、既設のMIWAシリンダーを組み込める仕様ですので、本体を扉に取り付ける前に、非常用のキーシリンダーとして本体下部に埋め込みます。

取替工事完了

暗証番号の変更には、専用のディンプルキー(標準2本付属)を使います。

他の玄関扉も同様の工事

もう一か所の玄関扉も同様の工事をして作業完了です。

キーレックス4000 K433CLにすると、施解錠の操作は以下になります。

外側から
  • 扉を閉めると自動で施錠
  • 暗証番号で開錠もしくは非常用のキーで開錠
内側から
  • 扉を閉めると自動で施錠
  • 常時開錠できますのでレバーを下げれば開扉できます

補足

この扉にはどんな暗証番号錠が取り付けられるかな?

とお悩みの際には、お気軽にご相談ください。

「お問い合わせ」ページから扉の写真を送っていただければ、ご希望の商品が付く?付かない?の判断は出来ると思います。