以前当店にて暗証番号錠を取付けた扉ですが、フロアヒンジのスピード調整が出来ず、勢いよく扉が閉まってしまい、扉が閉まった際に、時折暗証番号錠側でエラーが出てしまうという事で、フロアヒンジを交換して欲しいとのご依頼です。

作業前

NEWSTARのHS-1300というフロアヒンジです。

フロアヒンジの構造

今回は、セメントケースの腐食も激しいので、丸々一式にて交換します。

交換作業中

扉を外して色々と交換していきます。

フロアヒンジ交換で一番手間のかかる作業ですが、セメントケースも外していきます。

新しいHS-1300フロアヒンジの埋め込みも完了。

トップピポット・上枠側も交換。

ドア下側のアームも交換

写真を撮り忘れましたが、ドア上側のトップピポットも交換。

扉を取り付けて工事完了

扉を何度も開閉して、暗証番号側でもスムーズに施錠出来る事を確認。

最終的に、扉のチリ寸や扉の開閉速度などを一通りチェック。

清掃作業をして完了です。

補足

この作業のように、BOXを外して一式交換する場合と、BOXそのままでフロアヒンジの中身だけの交換で完了出来るかどうかは、現在付いているフロアヒンジの腐食具合によるところと、メーカーがフロアヒンジの中身だけを販売しているかどうかにもよります。

中身だけ販売は終了しているケースでは、丸々一式交換となります。

フロアヒンジでお困りの際には、お気軽にご相談ください。

「お問い合わせ」ページから写真を送っていただければ判断できる場合もあります。